住み慣れた地域での在宅介護が求められています。

提唱の背景と現実について

私たちが提唱する地方再生型「スマートCCRC構想」とは

日本版CCRC構想と地方自治体の現状とのギャップに対して、様々な施策を提案し、コストを抑え、住民主導型で解決することを目的としています。

全体構想を元に、1つ1つの課題を解決し、地域の活性化・新しい産業の創出などを目指します。

来るべき超高齢化社会に、世界に先駆けて迎える日本が、今後どう向き合うかが、世界中から注目されるでしょう。

自助サポートセンターは、自助の精神を尊びサポートし、共助と公助を結ぶ役割を担っていきたいと考えています。


<地方再生型CCRCの基本コンセプト>

 

●地域型CCRCをスマート化して、圧倒的な低予算で実現可能なプランへ
政府が提議するマスタープランをもとに、地方自治体が主導となり、人口流動および長寿社会地域の構築を実現し、現在の構築物・建造物を再利用しコミュニティを構築


●<地方再生型スマートCCRC ➡ 現代版「長屋の住まい」>

介護家族の居住空間を確保し、中低所得者の負担軽減となる生活スペースまで創ることにより、低財源でのコミュニティが形成されると考えます。

 

●従事者の業務内容の見直しと育成、関連事業企業の誘致
地域の医療病院・各シルバーサービス事業者などへの出店誘致
その他、成年後見制度相談や司法行政相談、NPOなどのボランティアサービスを充実